子供がおらず、妻をとても愛する夫なら、必ず遺言書を作成しましょう!

法定相続人が配偶者と被相続人の兄弟である場合、遺言書により、『すべて配偶者へ相続』することが可能となります。

 

昔はあまりそのようなケースは少なかったかもしれませんが、

少子化である現在、お子様が不在での相続発生のケースが増え

ているのかもしれません。

 

遺言書を作成する本人にとってみれば、『配偶者を大切にするのか』『自分の兄弟を大切にするのか』 という判断が必要になりますが、配偶者や子供には 『遺留分がある』ものの、『兄弟には遺留分がない』のです。

 

従いまして、もし、被相続人が生前に遺言書を作成し、『私の財産はすべて妻のものとする』としておきますと、配偶者と兄弟だけが法定相続人になるケースにおいては、すべて妻に相続財産を取得させることができます。