· 

位置指定道路の設置に注意しましょう

前に記載しました、位置指定道路を入れて土地分割するお話。

これにより、数名で相続した土地すべてを売却することなく、そこへそのまま住みたい相続人の土地を確保できる・・・という方法です。

 

これ、思わぬところに落とし穴がある場合があります。

何か・・・と申しますと、隣接地の家に対して、道路斜線がかかる場合がある・・・ということです。

 

位置指定道路を設置する前までは、隣接地から見た相続の土地は宅地ですから、『隣地斜線』という建築規制の中で建てられています。

その状態において、位置指定道路が設置されますと、隣接地は道路に接することになり、将来的に建物を建て替える場合、今度は『道路斜線』という建築規制のもと、建てなければなりません。

 

もしこれから位置指定道路を設置して、土地を分割しようと考える場合は、しかるべき設計士にお願いして、事前に綿密な相談を役所として戴いた方が良いでしょう。

 

『エーっと、お宅様がこの道路を設置すると、お隣の方の建物が道路斜線にかかり、既存不適格になってしまいますから、そのまま道路を設置して戴くのは厳しいですねぇ・・・』なんて役所の方から言われてしまうかもしれませんので・・・。

 

上記の話、実話なのですが、役所によってもその対処方法に厳しいところと甘いところがあるようで、私がお聞きした実話は、何とか役所の方にそのまま設置することをご理解戴けたようで、ほっとされていました。

 

気をつけましょう。