財産が少ないから争続にならないなんて嘘!

よく、『私には、そんなに財産がある訳じゃないから、相続で揉めるようなことは起きるはずないよ』と いう話を聞いたりしますが、全くこれはあてにならないと思うべきでしょう。

 

昔、何かで読んだのですが、一人当たり数百万円程度の配分になるような相続が、最も揉める相続財産の状態とのことです。

 

しかし、ここでは相続財産額ではなく、相続対象の不動産が1つしかなく、その不動産に相続人数名の内の一人が住んでいるときに揉める話を致します。

 

相続財産が、居住用の不動産1つだけの場合、あるいは、ほぼこれに近い状態のとき、相続協議は揉める可能性が高いのです。

何故でしょうか?

 

例えば、既に父親が他界し、高齢の母親と娘が住んでいる戸建だけが相続財産だとしましょう。

母親が無くなったとき、子供が3人いたとしましょう。

母親と一緒に住んでいた娘さんも、もうそろそろ定年に近い年齢です。

法定相続に従って配分する場合は、それぞれの子供が1/3ずつ相続することになります。

土地を単純に3等分に切って分けることができるのであれば助かりますが、 一般的には土地を分割すると、使い物にならない土地3つになってしまう 事の方が多いはずです。

 

では戸建を売却して、売却したお金を3等分すれば解決するでしょうか?

6000万円で売却して2000万円ずつ配分する・・・。

算数ではそうなりますが、最後まで老母と一緒に住んでいた娘さんは、結婚もせず一人暮らしであり、2000万円では住み慣れた場所の近くに新しい住まいを購入することもできず、さりとて、一生家賃を払い続けることができる金額ではないと主張するかもしれません。

 

相続財産に住んでいない他の子供達は、今現在は普通に生活しており、お金だけ入れば良いものの、民法で謳われている『法定相続』通りの配分を主張するかもしれません。

 

そうすると、母親と一緒に住んでいた娘は、母親の面倒を長年みていた寄与分を主張するようになるでしょうし、少しずつ子供同士がギスギスした関係になって行ったりします。

 

勿論、こんな時でも、子供同士が、それぞれの経済状況とか、相手の家庭状況とか、お互いに気遣いながら、相続協議を進めと行くことができる兄弟でありたいと思いますが、やはり、一番の解決策は、父親か母親が、生前において遺言書を作成し、将来の財産配分を決めておいてあげることが大事ではないかと思います。